メイク時間の短縮

アイシャドウを目もとに付ける時に使用するものといえば、「チップ」や「ブラシ」が代表されます。
特にチップは、アイシャドウパレットに付属している場合が多いため使用する方も多いですが、付属のチップはほとんどが小さいため、使いづらく塗りにくいのも事実です。そのため、メイク初心者の方が使うと色が付き過ぎてしまったり、キレイなグラデーションにならない、といった場合も多くあります。

 

 

そんな時に使いたいのが、「シャドウブラシ」です。
馬やヤギなど様々な毛質を使用している柔らかいブラシで、プロのメイクアップアーティストなら必ず使用しているアイテムです。
チップとは違い、柔らかいのでふんわり色が付き、グラデーションもキレイに出す事が出来るため、メイク初心者の方にもおすすめのアイテムです。

 

 

このブラシは、「大中小」の3種類持っておくと便利です。
「大」は、アイホール全体に。「中」はまぶたの上や下に。「小」は目のキワや、アイライン代わりなどで使えます。大中小のブラシを使い分けることで、難しいテクニックも必要なく、まるでプロが塗ったような美しいアイメイクが叶います。
誰でも簡単に扱う事ができるので、メイク時間の短縮にもなり便利です。

 

 

 

 

 

Comments are closed.