肌トラブルを招く

ニキビにならないためには日ごろ使っている道具の洗い方も大切です。   手入れをしないで使い続けていると雑菌が繁殖してしまい、使うことによって肌トラブルを招くようになってしまいます。   雑菌を繁殖させないためには、つかうたびに洗うことが理想です。肌あれはもちろん、汚れていることでファンデーションの色ムラの原因になりますのでお手入れをしっかりしましょう。

 

なかには乾きにくいものもありますので、三個程度は用意して使いまわすのがオススメです。お手入れには専用のクリーナーか中性洗剤を利用します。汚れた部分に馴染ませて優しくもみ洗いをしましょう。途中で水を足して汚れを浮かせて落とします。水かぬるま湯を溜めた中に浸して汚れを落としていきましょう。汚れがキチンと落ちるまで、水を入れ替えて落としていきます。

 

洗い終わったら軽く片手で絞り、残った水分はタオルなどに吸わせるようにして優しくとります。その後、陰干しをしてしっかり乾かします。洗剤やクリーナーが残っていると肌荒れの原因になりますので、すすぎはしっかり行うとよいです。洗剤やクリーナーを使うのは肌が荒れそうで怖いという方は、普段使っている洗顔料やクレンジングを使って落とすのもよいです。

 

 

 

 

 

Comments are closed.